非常電源設備のことなら

DENGENは、 日本全国の非常電源設備の稼働を確かなものとすることを目的とし設立されました。

我が国だけではなく、世界はクラウド、ロボット、AI、ブロックチェーンなどの普及により、今後益々電気エネルギーの使用量は増加し、災害やインフラの老朽化等による停電は社会そのものの機能を停止させてしまう極めて大きな問題として我々人類の脅威であると思われます。今後、非常電源設備の需要はますます高くなり、それとともに新しい電源設備の開発や設備保守の徹底が必要になります。

弊社はあらゆる知恵を関係者と協議し、必ず訪れる数年、数十年先の非常電源のあり方を皆様にご提案させていただくことで社会への貢献ができるものと信じております。

INFORMATION

公益社団法人全国ビルメンテナンス協会様が発行する「月刊ビルメン」8月号に弊会へのインタビューの模様が掲載されました。

タイトルは“BM企業にとってはビジネスチャンス!!これでわかった「自家発電設備の点検方法」改正”

一般社団法人非常電源保守連合会はこれからも公益社団法人全国ビルメンテナンス協会様のパートナーとして日本全国の非常電源保守業務をサポートさせていただきます。 

  • 公開日:2018.8.6
  • 更新日:2020.3.12

「月刊ビルメン」2月号“モノで学ぶビルメン関連法”を執筆させていただきました。

内容は建築基準法においての非常電源の点検報告についてになります。詳しくは 公益社団法人全国ビルメンテナス協会様発行の月刊ビルメンをご覧ください。

  • 公開日:2018.2.6
  • 更新日:2020.1.22